虫歯について 虫歯に関するみんなの質問

虫歯関連の質問


一歳をすぎた子供にジュースやお菓子を与えるということについて悩んでいます。私の娘は1歳1ヶ月ですが、私は極力あげたくないと思っています。その考えになったのは、従兄弟の奥さんの影響による所が大です。その従兄弟の子供は現在2歳半ですが、未だにアイスやチョコを食べさせたことがなく、徹底されています。虫歯や太るということに関してはさほど強くは気にしているわけではないですが、甘いものを覚えてしまうともう少し大きくなったらお店などでねだられても困る、甘いものを食べるくらいなら果物を食べればいい、と思っています。自分自身も甘いジュースが嫌いなのもあり、子供に飲ませたくないと思っています。先日誕生日の近いママ友の家に、別なママ友と遊びに行きました。そこで3時に、1歳からのカッパエビセンとキャラメルコーンと赤ちゃん用の野菜ジュースを出されました。その方は保育士をしていた方で、『一歳すぎたら食べても大丈夫なんだよー』と言いながら、3人の1歳児の前にお菓子を広げました。野菜ジュースも、『あげてもいいと思ったらあげてね』と言ってくれました。その後大人用のペットボトルのカルピスウォーターを、『水で薄めるよりこれの方が蒸留水使ってるからいいんだよ』と言いいながら『飲ませてみる?』と聞かれました。カルピスも1歳から与えても大丈夫という話はききますが、その際は10倍に薄めてだったはずです。カルピスは頂きませんでしたが、お菓子と野菜ジュースは初めて飲ませてみました。お菓子は食べるなと言える状況ではなかったのもあり…野菜ジュースは野菜が入ってるのでいいかと思い与えましたが、自分でも飲んでみると赤ちゃん用なのにけっこうしつこい甘さがありますね?自分が嫌いなせいもあるでしょうが。保育園でもジュースや甘いゼリーなど、与えるところがけっこうあるようですね?園開放に行ってみた保育園もそうでした。保育士をやっていた別な友達がいた保育園ではさほどあげないらしいですが、保育士の方は甘い物等を与えたくないと思っている方達に対して与えると言う事に関して、どのように考えていらっしゃるのでしょうか?以前実母にも『じゃあいつになったらあげていいのさ』ときかれました。その頃から私は自分の考えに迷いが出てきました。どうしてあげたくないのか、自分でわからなくなってきました。義父もお菓子をあげたがるので、毎週日曜日行く度頭が痛いです。もう少ししたらパートを始めるので、親か保育園に預けるようになると、勝手に与えられてしまうのもこわいです。義父は特に言ってもきいてくれないので…長文すみません。アドバイスお願いいたします。

みんなのベストアンサー
himi_ariさんのような、間違った考えを基準に他人を批判するような意見はムシしてくださいね。お砂糖は12ヶ月から15ヶ月は、大さじ1杯強くらいが目安と明治のHPには出ています。http://www.meiji-hohoemi.com/baby/babyfood/osusume_12.html目安としてジュースは質量の約10%がお砂糖ですから、150ccあげてしまうと一日分はそれだけでおしまいになるくらいです。キャンディーだと一粒でそれくらいは入っていると思います。お砂糖・おやつの量や内容については、月齢次第だと思っていますが、1歳2ヶ月のおこさまだったら質問者さんのやり方が正解なんじゃないかなぁと個人的に思います。まだ人と比べて「自分は食べていない!」のような不満は持たないので、精神面での影響は考えなくていい時期だからです。個性はあるかと思いますが、結構欲張りさんの二人目は2歳を過ぎても5歳の上の子が食べているものと内容が違っても、自分がおいしいと感じている以上は不満もないようすで、同じものを欲しがりはじめたのは2歳半くらいからです。でも工夫によっては5歳の方にだけに特にあまいものなどを出すことも上手にできます。母親は子供の気持ちがよく観察できるので、甘いものを控えていることで不満に感じているようならそこは考えてあげた方がいいと思っています。子供は家庭に一定のお決まりがあれば、それを普通のこととして受け入れるので、例えば外出時はいつも水筒を持ち、自動販売機で買うことを一切しない、とか、ガチャガチャは一切買わないとか7時に寝る、とか・・・おうちではお菓子はお三時に少ししか出さないけれどお友達のいる日は特別とか・・・その日によって親の判断が違うとダダも始まるようですが、決まっていることだと情緒を乱すことなくご機嫌に受け入れるもののようです。お砂糖の害は味覚が乱れて好き嫌いが2歳くらいから始まるとか(もちろん甘いものもおかずも何でもパクパクの子もいますよ♪)また甘いもので食欲が満たされ栄養のあるものを食べられなくなるという栄養面での心配、カルシウムを破壊してしまうという点、もちろん虫歯などがありますが、私はあまり気にしていません。でも血糖値の問題はとても気になります。これだけ甘いものが溢れた時代はそれほど前からはありません。人間の体は飢餓にはとても強いのですが過剰な糖分や脂質にはとても弱いのです。お砂糖など単糖類によって糖を摂ると血糖値が急上昇するとインシュリンが出て逆に血糖値を急低下させます。(これに対してご飯など糖質で糖を摂るとゆっくりと安定的に体や脳にエネルギーを供給します)そこにまたお砂糖が注がれると血糖値は一時的に上昇した後異常に低くなります。脳は血糖(血液中のぶどう糖)が唯一のエネルギー源ですから、これは大変!とアドレナリンというホルモンを出して血糖を上昇させようとします。(実際低血糖だとぼーっとしたり、ひどい時は気絶するのです)でもアドレナリンは「攻撃ホルモン」ですから同時に怒りっぽくなります。(お腹が空くと怒りっぽくなる人がいるのはこのためです)そういう血糖値の乱高下を繰り返すことで血糖値の調整機能は麻痺、何かを口にしたすぐ後以外はずっと低血糖という状態の病気になります。痩せた十代の子供でよく見られる病気でペットボトル症候群ともいいます。これは、ふだんぼーとして脳が動かず、怒りっぽくなる、という悲しい病気です。この病気にならないまでも、血糖値の乱高下が毎日の日常からいろいろ刺激を受けて学んでいる乳幼児達にいいはずがありません。子供を預けるというのは、どうしても思った通りにはできないけれどそれを受け入れるという選択だと思います。受け入れたくないならパートを諦めるしかないし・・・それも母親の価値感次第ではないでしょうか。日常の情緒が安定していて、きちんと食事もしてくれて、体格も標準ならそれ程気にしなくてOKかも知れませんし様子を見て考えてみるというのもありだと思います♪実母さんの質問へのお答えは私なら「2歳過ぎくらいから、時間と量を決めてあげるつもり」でしょうか。義父さんには「この子、こんな時間に食べると、せっかく夕食に栄養のあるものを作っても食べてくれなくなるのでとっても困ってしまうのです。せっかくなのに申し訳ないけれど明日のおやつの時間まで取っておきますね」かな。追加ですが、オレンジ色の野菜ジュースは私も甘いと感じるのでトマトベースの赤い野菜ジュースを嗜好品としてあげてきました。5歳でもそのジュースが大好きみたいです。とにかく、今はご質問者さんのやり方でとっても正解だと思いますよ♪

虫歯一覧へ戻る
都道府県から歯医者を探す
歯医者編TOP

メディカルニュース
虫歯に関係するワード

[1]

おすすめカテゴリ
歯科関連Q&A禁煙関連Q&AIBS逆流性食道炎頭痛不眠症爪水虫ADHD

都道府県から歯医者を探す
歯医者編TOP
当サービスは治療行為ではありません。利用規約をお読みの上ご利用ください。 (c)2009 Plusr Inc.
All rights reserved.

Webサービス by Yahoo! JAPAN 携帯アクセス解析